カナダ永住権>専門職・キャリア技術移民

専門職・キャリア技術移民|Federal Skilled Trade & Skilled worker

ご自身のキャリアや経験を活かし、カナダに貢献できる方が対象となる永住権で、取得できると家族でカナダに移住でき、居住や就職が自由になります。

<個人のスキルで移民できるプログラム>

1.スキルドトレードクラス-Federal Skilled Trade class

2.スキルドワーカークラス-Federal Skilled worker class

また、お子様の教育もカナダ人と同様に受けられ、お子様の学費無料化はもちろん、社会保障制度も利用できるようになります。

専門職・キャリア技術移民についてご興味がございましたら、こちらまでお問い合わせください。

chef

専門職移住の必要条件|*Skilled Trade class


専門職技能移民 | Federal Skilled Trade class 情報

調理師(寿司シェフ、クック等)やパティシエ、バン職人等の専門職向けの永住権で、スキルドトレード(専門職)と呼ばれています。申請資格は就労先を確保し、一定の就労経験と、それほど高くない英語力を証明できれば申請可能となります。

申請の段取りとしては、2015年度より導入された「Express Entry:エクスプレスエントリー」というビザ申請のための1次審査のような制度や従来のポイント制の組み合わせとなっていますが、雇用確保が前提ですので、スキルに自信がある方 なら大変申請しやすいカテゴリーです。
主な申請までの流れですが、下記のパターンをオススメしております。

【永住権申請までの道のり例】※条件変更の可能性あり

1:就労先確保のため、1年以上の正規留学(英語力とスキルアップのため)
2:卒業後、1年から3年程度の就労ビザを取得し、スポンサーを探しながら就労
3.スポンサー(雇用オファー:LMIA)確保後、Express Entryより
  ITA取得し、スキルドトレード永住権申請

詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せください

ページトップへ

専門職技能移民|申請条件


Express EntryにてITA(申請招待状)を取得すること
■ 1年以上の雇用オファーを有すること(規定職種)
■ 申請時より5年中2年以上、就労経験があること(規定職種:要証明)
■ 一定の英語力(IELTSでSpeaking&Lintening&Writing:5、Reading:4)を有すること


詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せ下さい

ページトップへ

専門職技能移民|サポート内容


■ カナダビザ申請公認代理人によるExpress Entry及びスキルドトレード申請の代行
■ 移民法、ビザ申請情報の提供
■ カナダ移住相談 (お子様の学校手配など)
■ 提携金融機関における現地生活費及びビザ申請資金の準備
  *サービス内容、手数料規定は当該金融機関の規定に従います。
■ 現地下見の手配 *別途要代金
 <内容> 不動産視察、生活オリエンテーション、語学研修
 <場所> BC州(*バンクーバー、ビクトリア)及びトロント、モントリオール

 

詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せ下さい

ページトップへ

キャリアの証明

下記職種であることを証明できること

         
Federal skilled trade Occupation List
1.Chefs and cooks(シェフ、クック)
2.Butchers and bakers(肉屋、パン屋)
3.Maintenance and equipment operation trade
4.Supervisors and technical jobs in natural resources, agriculture and related production
5.Processing, manufacturing and utilities supervisors and central control operators

専門職・キャリア永住権に関してのお問い合わせ・資料請求
フリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断


キャリア移住の必要条件|技能移民*Skilled worker class

申請資格|技能移民 : Skilled worker class

申請資格はポイント制になっており、主に6項目(学歴、語学力、職歴、年齢、雇用の確保、適応性)の申請条件ついて、一定の基準をクリアする必要があります。
ただ、現時点では2015年よりExpress entry(エクスプレスエントリー)という制度が導入され、この Express entryに登録後、ITAを取得できた方のみが申請できるように変更されました。

この合格基準は、カナダ社会・経済状況により随時変動しますが、現在のところ6項目の合計ポイント合計67ポイント以上であれば申請資格が与えられます。

申請方法は、個人の学歴・語学力(英語/フランス語)・職歴、年齢、雇用の確保、適応性により、選考・評価されます。

よって、カナダの技能移民については下記2ステップが重要となります。

申請条件1:Express entryに登録し、ITA(申請招待状)を取得すること
申請条件2:1を満たした後、67ポイント以上獲得すること

詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せ下さい。

申請条件1|Express Entry-エクスプレスエントリー

項目
 合格ポイント
学 歴
 最低点0点、最高 150 点
語学力
 英語又は仏語を第一言語として、語学力を証明すること。最高得点は160点
カナダ
就業経験
 当局指定の職種による就業経験が必要80点
 1年 = 40点 / 2 年 = 53点 / 3年 = 64 点 / 4年 = 72 点 / 5年以上 = 80点
年 齢
 最高点110点(19歳 〜 44 歳) *概ね30歳より点数が下がり、45歳以上は0 点となります
雇用保障
 600 点 *雇用証明書(LMIA)が必要となります。
技能適応
 100 点 *申請者の適応性により異なります。
 *学歴、就労経験、語学力の組み合わせにより判定されます。

申請条件2|Skilled worker class - 連邦政府の技能移民

項目
 合格ポイント
学 歴
 最低点5 点、最高 25 点
語学力
 英語又は仏語を第一言語として、語学力を証明すること。最高得点は28点
就業経験
 当局指定の職種による就業経験が必要
 1年 = 9点 / 2〜3 年 = 11点 / 4〜5年 = 13 点 / 6年以上 = 15 点
年 齢
 18歳 〜 35 歳=12 点   *36歳以上は1歳ごとに 1 点減点
雇用保障
 10 点 *雇用証明書(LMIA)などが必要となります。
適 応 性
 10 点 *申請者かその配偶者の適応性により異なります。
 *学歴、カナダ留学経験、就労経験、雇用保証、カナダ在住近親者の有無等により判定されます。

ページトップへ

当局指定の職業リスト

 NOC(当局指定の職種リスト)で0(マネージャー)
 またはA(大卒以上)または B(カレッジ以上)の職業


詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ


キャリア技術移民|サポート内容


■ ビザ申請公認代理人によるExpress Entryとスキルドワーカービザ申請の代行
■ 移民法、ビザ申請情報の提供
■ カナダ移住相談(お子様の学校手配など)
■ 提携金融機関における現地生活費及びビザ申請資金の準備
  *サービス内容、手数料規定は当該金融機関の規定に従います。
■ 現地下見の手配
 <内容> 不動産視察、生活オリエンテーション、語学研修
 <場所> BC州(*バンクーバー、ビクトリア)及びトロント、モントリオール

詳しくはフリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断までお気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ

専門職・キャリア永住権に関してのお問い合わせ・資料請求
フリーダイアル専門職・キャリア技術移民診断


ページトップへ

▲ トップページへ戻る