カナダ永住権>不動産アドバイス

不動産アドバイス

カナダに住む|不動産事情

永住権等の長期滞在できるビザを取得する魅力のひとつに、「趣味・予算・ライフスタイル」に合わせて住む場所を選別できることが挙げられます。
より 自然にカナダで暮らす」というライフスタイルの実現をお考えの方にとっては魅力的といえるのではないでしょうか?

2000年以来、カナダの不動産市場は景気拡大・所得向上による住宅需要増を背景に、堅調な推移となっており、顕著な不動産価格の上昇がみられます。


【外国人の不動産購入について】

カナダでの不動産取得については、外国人に対しても取得・所有の規制はなく、自由に売買や賃貸が可能です。(例外はプリンス・エドワード島のみ)

投資の観点からも魅力のあるカナダでの不動産購入の際には、概略、以下のプロセスとなり、又、不動産価格にプラスして以下の関連費用がかかってきます。

【不動産購入手続きの流れ】

1.通常、信頼できるエイジェントを通じて物件を探す。

2.物件を特定後、売り手との予備的な売買契約書を締結する。

3.上記契約が買い手側の事由で破棄される場合、買い手は預託したデポジットを放棄することなり、売り手側の理由で破棄される際は、売り手は一定のペナルティを支払うことになる。

4.通常、買い手のデポジットは売買金額の 35 %程度が必要となり、買い手は購入代金以外に取引に関わる費用の支払いも行なう。買い手負担のこれら費用の概要は以下の通りとなります。

不動産購入時の費用

買い手負担のこれら費用の概要は以下の通りとなります。

@ 土地譲渡税
 (税率は土地のバリューの0.5%から2%。州によって  はかからない。)

A モーゲージ仲介業者の手数料

B 土地評価費用

C 土地測量費用

ページトップへ

◇不動産を賃貸する場合のポイント

1.契約期間は12ヶ月以上が一般的(2年目以降は月単位での契約)

2.デポジット(敷金)は2週間から4週間で州によって異なる。

3.家主都合で退去させられる場合は2ヶ月前の通知。

 賃借人都合で退去する場合は原則2ヶ月前(1ヶ月以上前)までに通知しなければならない。

4.日本の賃貸とは、契約から家賃の支払いに至るまで様々な点で差異があります。

 英語に不安のある方は日本人の仲介業者に代行してもらうこともお考えください。



カナダの不動産事情|Tea Break

2010 年の冬季オリンピックが開かれるバンクーバーはここ数年、住宅価格の上昇が

著しいが、その他の都市についても、程度の差はあるものの上昇傾向は強い。

 

全国平均の住宅価額 : $246,000

( 都市別価格 )

バンクーバー : $445,000
トロント     : $341,000
モントリオール: $211,000
オタワ      : $251,000
ケベックシティ : $147,000
カルガリー   : $264,000
エドモントン  : $198,000

(ソース: 2005 年 11 月 カナダ不動産協会)


ページトップへ

▲ トップページへ戻る